リジェンティスのオーラルケア

歯磨きで出来るホワイトニング

審美歯科と言って初めに思い浮かぶのはホワイトニングではないでしょうか?
特殊な薬剤を使用して歯を白くするのがホワイトニング治療。大きく分けて病院で行うホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。今回は誰でも簡単に自宅で行える歯磨きによるホワイトニングをご紹介します。

歯磨きで行うホワイトニングのポイント

歯を白くはしたいけど、近くにホワイトニングを行っているクリニックが無い、時間が無い、費用を掛けたくない….そんな時には自分で出来るホワイトニングがおすすめです。

歯科医院で行うホワイトニングとは違う

まず初めに注意して頂きたい事は、歯磨きでは歯の漂白は出来ないという事です。いきなりの否定から入ってしまいますが、歯そのものを白くするホワイトニングは歯科医院で処方される歯の漂白剤を使うしかありません。これは歯科医師が処方できるものなので、市販はされていません。それではなぜ市販品でもホワイトニング効果をうたっているのか?
それはホワイトニング効果を捉えているスタンスが違うからです。

①歯科医院で行うホワイトニング・・・汚れを落とし、歯を漂白するホワイトニング
②市販品のホワイトニング・・・歯の表面に付着したステインや汚れを落とすホワイトニング

では歯磨き粉でホワイトニングは可能なのか?と思ってる方が大半だと思いますが、答えは○です。上でも書いてあるように歯の表面に付着したステインや汚れを落とすことでも歯を白く見せることができます。特にステインは表面に付着している色素なので、ステインを除去する歯磨きの成分があれば白く見えます。そもそも天然の歯がまっ白い人はまずいません。少しは黄色みがかった色をしているのが普通です。

市販品のホワイトニング歯磨き粉

市販品の歯磨き粉を選ぶポイントは、「歯についている汚れ・黄ばみを落とせる」ということが大切になってきます。また、研磨剤はどの歯磨き粉にも入っていますが、この研磨剤の粒子が大きいと歯の表面を傷つけてしまい、表面の傷口に汚れが付きやすくなってしまう場合もあるので注意が必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る