ホワイトニング

ホワイトニング
ホワイトニングには大きく分けて2種類に分けられます。1つは自分で行うホームホワイトニング。日常の歯磨きもホワイトニングという観点からみればホームホワイトニングです。歯科医院で処方されたホワイトニング剤(クリニックで行う治療)を使用したり、市販のホワイトニング剤を使ったりするのもこちらに該当します。
一方、歯科医院で行うホワイトニングがオフィスホワイトニングです。決定的な違いはその効果でしょう。オフィスホワイトニングはホームホワイトニングではできない白さを可能にします。医師が処方し、実際に医師や歯科衛生士が処置するホワイトニングは身体に安全な強い薬剤を使います。これは漂白剤の一種で歯の色そのものを白くする薬です。

オフィスホワイトニング(歯科医院で行うホワイトニング)

オフィスホワイトニングは歯科医院で行うホワイトニング。審美歯科で一番人気のあるメニューです。昔は芸能人やモデル等、限られた世界で需要がありましたが、最近では低価格で受けられることもあり、若い女性を中心に幅広い層の方々が気軽に受けられる審美治療として人気があります。治療方法は歯の表面にホワイトニング剤(過酸化水素)を塗布し、光をあて化学反応で歯を漂白し白くします。

オフィスホワイトニングの効果とメリット

オフィスホワイトニングの最大のメリットはしっかりと歯を白くすることが出来ることです。オフィスホワイトニングは歯科医院で行うので医師が処方できる薬剤を使用します。結果、市販品の薬剤とは違い、効果が高いのでしっかりと歯を白くすることが出来ます。

オフィスホワイトニングのデメリット

市販品の薬剤とは違い、強い薬品なので痛み(しみる)を感じることがあります。いきなり痛い訳ではなく、光を照射しているうちに徐々にしみてくる感じです。こればかりは個人差があるらしく、人によっては感じないし、人によってはすごくしみる方もいるそうです。

オフィスホワイトニングのやり方

1.予約

まずは、ホワイトニングを行っているクリニックに予約をしましょう。ほとんどのクリニックが予約制をとっているので事前の予約が必要です。ホワイトニングを行っている歯科医院は、ホームページから予約が可能なのでこちらを利用すると簡単です。また、ポイントとしては、カウンセリングの有無は事前に確認しましょう。ホワイトニングも審美歯科治療のひとつです。歯科医師が実際にカウンセリングを行っているクリニックは対応もしっかりしていますし、色々な事も相談できます。クリニックによっては対応が衛生士や受付スタッフのみのところもありますので可能であれば歯科医師がカウンセリングを行っているクリニックを選びましょう。

2.来院・カウンセリング

予約が完了したら実際に来院します。カウンセリングではどのくらい歯を白くできるのか、またはしたいのか?をはっきりと伝えましょう。目標の白さによっては短い期間で何回か通院する必要もあります。後で後悔しない為にも事前にしっかり確認しておきます。

3.歯のクリーニング

ホワイトニングを行う前に歯をクリーニングします。些細な事ですが、事前に歯磨きをしっかり行っておけば、衛生士さんも気持ちよく仕事をしてくれると思いますからエチケットとしてやっておきましょう。

4.ホワイトニング剤の塗布と光の照射

歯の表面にホワイトニング剤を塗りますが、歯ぐきに影響が出ないように歯茎には保護剤を塗ります。ホワイトニング剤が塗り終われば専用の機器で光を照射します。この光には様々な光源がありますが、現在の主流はLEDの光です。有名な「ビヨンドホワイトニング」はこのLEDとハロゲン光のダブル効果により、短時間で歯を白くすることが出来る最新の機種となっています。

5.表面のクリーニング

処置が終わったら、ホワイトニング剤の残りや歯ぐきの保護剤を取り除きます。仕上げに表面を研磨すれば終了です。

ホームホワイトニング(自宅で行うホワイトニング)

オフィスホワイトニングは歯科医院で行うものですが、ホームホワイトニングはその名の通り、ご自宅で行うホワイトニングの事です。最近では歯磨き粉にもホワイトニング成分を含んだものも売られていますが、効果の面からみるとやはり、オフィスホワイトニングには負けてしまいます。これはオフィスホワイトニング説明でも述べたように、使用する薬剤そのものの質が違うからです。だからと言って効果が全くないのかと言うとそうではありません。人の身体には個人差があり、少しの薬でも効く人、多くの薬でも効きづらい人はいます。これはオフィスホワイトニングでも一緒で、見違えるほど白くなる人、それほど白くならない人はいます。歯科医院でよく勧められるのは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用です。4~6ヵ月間隔でオフィスホワイトニングを受け、自宅ではホームホワイトニング、これが一番効果がみられる方法です。

ピックアップ記事

インビザライン

2017.5.16

インビザラインで目立たない歯列矯正を

誰にも気づかれない、見えない矯正。それがインビザライン矯正。 インビザラインの一番のメリットは、目立たないこと。透明の医療用プラスチック製…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る