リジェンティスのオーラルケア

デンタルフロスで清潔な口腔内に

デンタルフロスで綺麗な歯に

歯磨きだけは落とせない歯の汚れ

歯のセルフケアは何と言っても毎日の「歯磨き」。でも、歯磨きだけでは実は歯の汚れは落ちない事をご存知ですか?そんな歯の汚れをしっかりと落とすことが出来るのが「デンタルフロス」です。最近の歯ブラシは各メーカーさんから様々な商品が出ており、昔よりも歯の汚れを効果的に落とせるようになりました。さらには電動歯ブラシの登場で、今までは出来なかった歯の隙間に溜まった汚れもよりいっそう落とせるようにもなりました。それでも歯と歯の隙間に溜まった汚れを落とすことは難しいのです。そこで効果を発揮するのがデンタルフロスや歯間ブラシといったケアグッズです。歯磨きにデンタルフロスを追加することでプラークの除去率が20~30%アップすると言われています。

何のために必要なのか?

デンタルフロスや歯ブラシを使用する最大の目的はプラーク(歯垢)除去です。プラークは歯に付着した細菌の塊です。付着したままにしておくと硬くなって歯石になり歯磨きでは落とせなくなります。また、プラークによって引き起こされる最大の病気が歯周病です。歯周病は完治が難しく進行をとどめる程度の治療がほとんどです。進行が進むと歯の土台部分の骨が溶けて歯が抜け落ちてしまいます。この最大の原因であるプラーク除去に効果的な方法が、歯磨き+デンタルフロス(歯間ブラシ)です。歯磨きにプラスの作業で手間ではありますが、長期にわたってご自身の歯を存続させるためにもぜひ実践してください。

初めての方や手間が嫌な方は歯間ブラシがお勧め

歯間ブラシ

デンタルフロスはロール状の特殊繊維を自分の指に巻いて歯と歯の間をゴシゴシと引いて押してを繰り返し歯の汚れを落とす方法です。慣れてしまえば習慣され手間だと感じなくなりますが、歯磨きにプラスの作業なのでわずらわしいと感じる方もいらっしゃいます。そんな方にお勧めなのが歯間ブラシをつかったケアです。歯間ブラシはY字状やL字状のものがあり、前歯や奥歯に合わせて使用します。歯間ブラシの使い方はとても簡単なのでだれでもできるケア方法です。特に小さなお子さんがいらっしゃるご家庭なら歯間ブラシをつかってあげると虫歯予防にとても効果的です。

デンタルフロスの使い方とその効果

デンタルフロスは各種メーカーから様々な素材のものが出ていますが、基本的な使い方はどれも共通です。歯磨きの後に使用することでプラーク(歯垢)の除去が20~30%アップすると言われています。
使用初期は歯ぐきから出血することもありますが、1~2週間で収まってきます。2週間以上使用しても出血があるようでしたら口腔内に疾患があることも考えられますのでお近くの歯科医院で診てもらうことをお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る