セラミッククラウン

オールセラミック

セラミッククラウンとは?

セラミッククラウンとは、セラミックでできたクラウン(人工の被せ歯)の事です。このクラウンは種類や素材も豊富で安価なものだと中身は金属で周りをセラミックで覆ったメタルボンドや全体がセラミックでできたオールセラミッククラウン等があります。見た目は本物の歯と見分けがつかない仕上がりが特徴で、強度もあります。

オールセラミックの特徴

オールセラミックはその名の通り、全体がセラミックで出来ています。このセラミックにもいくつか種類がありますが、中でも審美歯科でよく使われるようになったのがジルコニアと呼ばれるものです。強度が高いのが特徴です。さらにニケイ酸リチウムガラスセラミックス(通称e.max)と呼ばれるものもあり、これは強度と透明性を兼ね備えた理想の人工歯素材といえます。費用もメタルボンドに比べ高くなっています。

オールセラミックのメリット

①自然な仕上がり

オールセラミックは本物の歯と区別がつかない質感や透明感があります。実際に治療する際は、治療を行わない周りの歯と色を合わせることができるためほとんど見分けがつきません。

②長くキレイを保てる

セラミックは材質的に汚れが付きにくいです。ステインによる着色などの影響も少ないので、毎日の歯磨きを行っていればいつまでも綺麗な状態を保てます。

③金属アレルギーも大丈夫

セラミックは金属を一切使用しないので金属アレルギーの方も心配ありません。

メタルボンドの特徴

オールセラミッククラウンが出てくる以前まではメタルボンドがセラミック矯正の主流でした。中身の金属は強度もあるので奥歯の治療によく使われます。メリットとしてはオールセラミックに比べて一般的に安いこと。デメリットは金属部分の面積を大きく取る必要があるので歯を多く削る必要があります。また、歯ぐきそのものが痩せてきた(下がってきた)時に境目の金属部分が目立つこともあります。

ピックアップ記事

インビザライン

2017.5.16

インビザラインで目立たない歯列矯正を

誰にも気づかれない、見えない矯正。それがインビザライン矯正。 インビザラインの一番のメリットは、目立たないこと。透明の医療用プラスチック製…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る